« 2007年12月13日 | トップページ | 2007年12月31日 »

2007年12月15日

花とチャック flowers and zippers(第5回歌葉新人賞候補作/2006年)

人間の這入っていない着ぐるみを膝に寝かせた 雨が止んだら

きみの抱く消火器は空 ねがえりをページをめくるようにつづける

クリスマス・ツリー並木がくねくねと余さず誘拐現場を巡る

右にいた人がいないと右からの陽射しで焼けてしまう右顔

恋人の遅刻に焦れる人妻という設定でティッシュを配る

砂浜で風にころげる水玉のビニール・ボール きのうもあった

風船を埋めた地面をはこぶ船 顔にはいつも目鼻を添えて

捜された和服のひとが地面から掘り出されてる小石とともに

自動ドアって書いてるだけのただのドア閉めにいく家族をぬけだして

ガムを噛む私にガムの立場からできるのは味が薄れてゆくこと

悲しいと思ったことがない犬を友だちにして夏を見送る

街灯が消える時刻に街にいるだれも袖から手首をたらし

駅までの坂を駅からくだるときすれ違う顔にある見おぼえは

部長から課長の耳に囁かれ花ことばに付け加わる社風

ここから 渡り廊下のような一行を足音だけで満たす ここまで

AV女優引退記念桜上水でいちばんおいしい醤油ラーメン

信号で曲がるところを間違えた団地の先に団地がつづく

しらけたね場にかげろうが揺れている何だか恐い言葉がくるよ

額縁をぬけだすように手をのばす「雨じゃないみたい」とつぶやきながら

突っ伏した胸の鼓動に揺すられて見てる花火が照らすあとがき

爆弾と大和撫子はこばれてゆく首都高の出口すべてに

あの四角い職業欄にぴったりの雨染みだからこれでいいのだ

波が洗うサイクリング道路ひきかえす 悲鳴でしゃべる女となって

家事手伝い、というのは嘘で手伝わない家事を眺めつつする武者震い

本当はもう死んでるの 帽子掛 あなたが話しかけているのは

分けて書く苗字と名前くちびるに上下があるとされる私に

知り合いの知り合いだから五線譜のバラ線越しに手紙をわたす

町のある砂漠を午后の各駅の窓から見ててやがて目ざめた

この秩序に賛成だから雨の中を白紙で掲げ歩くプラカード

閉じるとき心はチャックに巻き込まれ何か叫んだように朝焼け

| | トラックバック (0)

« 2007年12月13日 | トップページ | 2007年12月31日 »