« ハンバーグ・ハンバーグ | トップページ | 月は太陽の幽霊 »

心臓団の三人

ぼくらはたった三人の団体だった。ぼくらは「心臓団」を名乗った。
団旗には真っ赤な心臓がひとつ描かれた。モデルになったのはK子の心臓だ。
「かわいく書いてよね。冬眠中のカエルみたいに」
注文をつけながらK子はシャツの裾をまくり上げる。

血だまりの中からブラスバンドの演奏が低く訪れて、そして遠ざかった。

静まりかえった世界にK子の心臓がひるがえる。
ぼくらは彼女を悼む歌を歌う。そして涙を拭う。ぼくらは真新しい団旗を掲げる。
旗は夕陽を浴びていっそう赤く輝いた。K子の色に。

ぼくらはたった二人の団体になったけれど、彼女の魂はぼくらと共にある。
世界の終りにスイッチを入れるあの懐かしいボタン。
あの世から二人を嫉妬し続けるうらみがましい視線。
すべてK子の魂のかたちだ。
あるいは冬眠中のカエル。彼女自身そう望んでいたように。

心臓団は永久に欠けた三角形なのだから。

|

« ハンバーグ・ハンバーグ | トップページ | 月は太陽の幽霊 »

小説(超短篇)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504612/9295046

この記事へのトラックバック一覧です: 心臓団の三人:

« ハンバーグ・ハンバーグ | トップページ | 月は太陽の幽霊 »