« 天使の誘惑 | トップページ | 足りないのは勇気だけじゃない »

自由行動

 これなの、と彼女は彼にそれを差し出した。何これ? と彼。これはね、こうして着るの。たちまち彼女は裸になった。それが二つあるうちの、一つに 彼女自身が潜り込む。ほらね、わかるでしょ。ああ、なるほど着ぐるみかい。そう、着ぐるみ。うなずきながら彼女は、残りの、大きいほうを手渡した。ぼくも 着るのかい? と困惑顔の彼。当たり前でしょう、という目で見返す彼女。まばたきが瞬間、ちかちかと会話する。

 しかたなしに彼 はつきあった。腕をのばす穴や、首を突っ込むべき穴がなかなか見あたらず、着ぐるみの中でしばらく七転八倒。やっとのこと収まるべき位置に収まると、狭い 覗き穴から彼女が見えた。彼女は牙のある顎の隙間で、器用に煙草をふかしてる。着れた? と彼女。どうにかね。と彼。満足気にほほえみながら、彼女は煙草 を壁に押しつけて消した。これはね、と自身をその太い着ぐるみの指で示す。セックスのできる着ぐるみなの。

 ぽかん、という泡の はじけた顔で彼は恋人を見つめた。川の向こうの博士の発明よ、と彼女は胸をそらせた。ご覧なさい、と動物の胸や腰の辺りにある、特別なしかけを次々に披露 する。ほらこんなのも。こっちはどう? しかけのいくつかは、恋人も思わず目を逸らすほど、大胆で扇情的だった。おまけにひとつ残らず、合理的で、実用的 だった。すごいな、ぼくらのしてること、何だってできるんじゃない? そうよ。何でもできるの。あなたも試して。

 見よう見まね で彼も、怖ろしいけもの(額にみごとなツノが生えていたのだ)の体をよじらせてみた。すると思いがけないところがポン、と開いたので彼は赤面する。慌てて しゃがみ込み、その部分を元に戻しながら彼は、もう一匹のけものを眩しげに見上げた。最初はよくあることだわ。でもすぐに慣れてうまくいくから、と彼女は 慰めた。あれ、出かけるつもり? 決まってるじゃない、と彼女。わたしたちこんないいものの中にいるのよ? まさかこの格好で? もちろんでしょ。心配な ら、博士がくれた説明書があるわ。私は読んでないけど。

 二人は玄関にむかった。履ける靴はないね、と彼が笑う。当然ないわよ、 動物なんだから! あのね、今から私たち動物なのよ。素直にうなずく彼に、彼女は付け足す。いいこと? ここからは自由行動だから。好きなようにしてね。 ただし私のあとは、ついてこないで。けものの口の奥にある、人間の男の口から、なんとも心細い叫びが漏れた。もちろん彼女は聞いちゃいない。牙の格子の奥 で瞳が、きらきらと輝いている。私はあっち行くんだから、あっち以外にしてね。さようなら。幸運を祈るわ!

 玄関のドアを蹴飛ばせば、そこはまだ真夜中の町。えものたちのカラフルな匂いが、ビル風にまじって吹き荒れる時間なのだ。

|

« 天使の誘惑 | トップページ | 足りないのは勇気だけじゃない »

小説(超短篇)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504612/9230500

この記事へのトラックバック一覧です: 自由行動:

« 天使の誘惑 | トップページ | 足りないのは勇気だけじゃない »