« 自由行動 | トップページ | 水の泡たち(第4回歌葉新人賞候補作/2005年) »

足りないのは勇気だけじゃない

 きみはどことなく売女に似てる。うしろ姿ならジャングル・ジムにも見えるけど。きみのむこうに覗いてしまうこの国の現実が、埃っぽいクラクション まみれの道と道をかさねた×(ばってん)まみれでいる訳を、きみの口からぼくが話そう。ごはん食べながらお喋りしてついこぼしてしまうミートソースみたい に。今度はぼくの番だよ。

「すべての信号機に動脈の赤と、静脈の青と、おしっこの黄色を取り揃えております。(さらには)踏みし めながら彼岸へ至る鯨幕も、みどりちゃん(歩行者用)の瞬きに照らされて。世界の中心が移動しました!あっちへ!嘘ですこっちです!ぼくたちは!結局!墓 場につめたい布団を敷いてゆうべの夢へ!逃げ帰る途中の!やせっぽちで!頭のたりない!人類!なのです!人類が!いっしゅんで通り抜けた風穴はこちら」

  きみのだらしないアルバイト。つめの色が何色だったかで思い出す、仕事中にまぼろしの捜査官たちが繰り広げるいたちごっこの、そのいくつかの種類。悲しい のや可笑しいの。ほんと馬鹿みたいに、きみの下着や奥歯をマッチで炙れば暗号でも浮かぶみたいに、信じてる男性たちのプラスチックの喉仏たち。それをひと つ残らず押し込むとまぼろしは止まる。さあ現実だ。きみはずっと同じ姿勢で、部屋の壁に貼り出されたセリフを一字一句忘れないくせに、わざと何度も云い間 違えてる。外国人みたいに。外はいつもその頃にはあかるくなっている。きみは駄目なアルバイトでいたかった。駄目なアルバイトの時給は百円から一円たりと も値上がりしない。きみは百円のままでいたい。きみは百円あればぴったり一時間動くから。コイン投入口に巻きつけた包帯を、ほどくのはぼくの仕事でそれだ けがぼくの仕事。男子一生の仕事。そうきみがさっき決めたのだ。

 そして現実には痛くてたまらない腹をさぐりあうのだ。 

|

« 自由行動 | トップページ | 水の泡たち(第4回歌葉新人賞候補作/2005年) »

小説(超短篇)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504612/9230540

この記事へのトラックバック一覧です: 足りないのは勇気だけじゃない:

« 自由行動 | トップページ | 水の泡たち(第4回歌葉新人賞候補作/2005年) »