« 齋藤くん | トップページ | 廃墟ブック »

電話

 テレビでアナウンサーが中国語で喋っている。砂浜に埋められていた死体の身元が判明したという。私は中国語がわからないがその部分だけははっきりと聞き 取れた。掘り出された遺体の映像が五分間くらい無音のまま流されている。トイレからもどってきたらまだ流れていた。いくら見せつけられても私が自ら罪を白 状することはありえない。電話が鳴って切れた。鳴ってまた切れる。鳴る。切れる。鳴る。切れる。チャンネルを替えると死体が今度はインタビューに答えてい た。だがなぜ中国語なのだろう? 埋めた男はもっと若い日本人だったのに。電話が鳴る。鳴り続ける。

|

« 齋藤くん | トップページ | 廃墟ブック »

小説(怪談)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504612/9299909

この記事へのトラックバック一覧です: 電話:

« 齋藤くん | トップページ | 廃墟ブック »